クリニックの症例数
2017.06.21

目がきれいな女性美容整形を銀座で選ぶならクリニックの症例数は見逃せません。クリニックの症例数が多ければ多いほど、経験や知識、応用力を持っている可能性があります。美容整形について考えてみると、広い意味ではこの分野も医療に当てはまるえしょう。しかし、治療の意味で行われる医療とは一線を画するのが美容整形で、治療が目的の場合は、病気や怪我の完治を目的として行われるのが一般的です。生命を維持することを最重要として行われるのが治療なので、ある程度の配慮はされますが、手術跡が残ったとしても、成功であることが多いです。一方、美容外科は美容を目的に行われるものなので、傷や病気の治療というよりかは、心の治療の部分が大きいです。もっと美しくなりたい、コンプレックスを改善したいといった心の傷を治療するのです。

そのため、美容外科は見た目が最重要で、手術跡もできるだけ目立たなくする工夫が必要ですし、より繊細なテクニックが必要になる場合も多いです。繊細なテクニックというのは、経験や知識の上に成り立つもので、これがクリニックの症例数に比例してくるのです。このようなことから、より良い美容整形を受けたいなら、症例数は見逃せません。症例数といっても豊胸やボトックスというように、手術ごとに違ってきますので、自分が受けたい整形手術の症例数を確認しましょう。それぞれのクリニックには得意分野があって、特定の手術に症例数が偏っていることもありますし、特定の手術のみを専門として行っているようなところもあります。

また、美容整形を銀座で選ぶ場合にクリニックの症例数が重要になってくる理由にはもうひとつあって、それが美的センスです。美容整形ではとにかく仕上がりが重視され、芸術のような意味合いも強いです。そのためクリニックの美的センスは重要で、それぞれの医師が元々持っているセンスも関係してきますし、数多くの症例によって培ってきたセンスも大切です。人の顔には、まったく同じものがありません。そして、それぞれの顔の最善は人によって異なってきます。このことからも、これまでにどれだけ症例数があるかは重要になってきて、あなたに似た顔の人への症例が多ければ多いほど、どのようなアプローチで美しくなるのかの道筋がイメージしやすいのです。このように美容整形ではクリニックの症例数が非常に重要な数字になっているので、これから手術を受けるのならば、必ず確認しておきたいところです。

▲ ページトップへ