手術の痛み
2017.06.21

髪がきれいな女性美容整形は体にメスを入れることも多いので、手術の痛みについては気になる人も多いのではないでしょうか。美容整形における痛みは、手術によって全く違ってきますので、一概に痛いか、痛くないかでは回答できません。美容整形の痛みについて考える場合には、まず麻酔について考える必要があります。美容整形といっても使われる麻酔は様々で、一般的なのが局部麻酔と全身麻酔でしょう。ほとんどの手術では局部麻酔が使われることになり、部位によって局部麻酔の痛みも随分違います。神経が集中するような部位に麻酔をする場合は、麻酔の注射そのものが激痛を伴うこともあり、逆に部位によってはほとんど気にならず麻酔をすることもできるでしょう。

骨切り手術などの美容整形の中では比較的大掛かりなものに関しては、全身麻酔が使われることもあって、全身麻酔は麻酔の危険度が増す代わりに、痛みは全くないといってよいでしょう。しかし、全身麻酔をするにあたって色々な注意事項がありますので、術前の手間は大きくなってしまいます。また、静脈麻酔や笑気ガスを使う麻酔も存在していて、笑気ガスは局部麻酔と組み合わせて使われますが、これは人によって効き目が様々なので、痛いか、痛くないかについては個人差があります。また、麻酔の効き目と痛みへの耐性は、人それぞれ全然違ってきますので、他人が痛くないといっている手術であっても、自分は痛いこともあるでしょう。

美容整形において痛みは、敷居の高さにも繋がり、その意味で最近流行っているのがプチ整形です。数十分から1時間程度の施術時間で、中には麻酔が必要のないものもあります。主に注入系のプチ整形が麻酔なしで行えるものになり、代表的な施術にはボトックス注射があるでしょう。また、ヒアルロン酸注射なども麻酔なしで行われることが多く、こちらもプチ整形に該当します。このように美容整形の傷みについて考えてみると、手術の種類によっても違いますし、麻酔の種類によっても違います。さらに、個人差による痛みの強弱もありますので、この手術が痛いかどうかについては自分が体験してみなければわかりません。中には、ある人が激痛をうったえるような手術を平気で受けてしまうような人もいるのです。さらに、美容整形の痛みを考えるなら、ダウンタイムの痛みについても考えておきたいところで、これは術後に伴う痛みや腫れといった症状を指したもので、これも美容整形の痛みに大きく関係しています。

▲ ページトップへ