保障制度
2017.06.21

微笑む女性美容整形を銀座で選ぶなら、保障制度を重視してみてはいかがでしょうか。美容整形では、保障制度の有無はとても重要で、なぜなら手術失敗の範囲が広いからです。病気や怪我の手術で、術後の見た目が悪いと医師にうったえても、再手術をしてもらえる可能性は限りなくゼロに近いでしょう。しかし、美容外科の場合は明らかな失敗以外にも、術後の見た目が気に入らないというのも失敗のひとつに入っているため、万が一の保障制度は非常に重要なのです。見た目を自分好みにするために美容整形をしたのに、術後の顔が気に入らない、これでは何のために大金を使って手術を行ったのかわからなくなってしまいます。このリスクを少しでも軽減するためにも保障制度は大切なのです。

どのような場合においても保障制度を使えるわけではありませんが、大手のクリニックでは、施術の結果が思い通りではなかった場合の保障制度も行われています。この部分はそれぞれの美的感覚の部分でもありますので、クリニックの方針によって保障を使えるかどうか違ってきます。これらは保障制度があるから安心ではなく、その保障制度についてカウンセリングでしっかりとチェックしていきたいところです。カウンセリング時にしっかりと、どの程度まで保障制度が使えるのかを聞いておけば、万が一の際にも対応しやすいでしょう。

美容整形の保障制度はクリニックの信頼性に繋がる部分なので、各クリニック共に様々な工夫を凝らした制度を設けています。例えば、二重まぶたの手術であれば、手術から1年までは気に入らない場合、術前の状態に戻せるといったものもあります。脂肪吸引の場合は、脂肪の取り残しなどがあれば、再手術を受けられる可能性がありますし、術後に凹凸が出てしまった場合も保障の対象になることがあります。また、豊胸手術で近年話題になっているものの中には再生医療を使ったタイプの施術が見受けられますが、場合によっては着床せずにバストアップ効果が見込めないこともあります。このような場合にも保障制度があるなしで、その後の対応が大きく異なってきますので、よく確認しておきましょう。保証制度が適用されれば、基本的には無料で再手術してもらうことができます。しかし、自分でお金を支払って再手術する場合には前回の手術も合わせて相当な負担になってくるので、このことからも単純に値段だけ比較したクリニック比較は危険であるといえるでしょう。

▲ ページトップへ